サービス・製品

CAD/CAM

CAD/CAMとはComputer Aided Design and Computer Aided Manufacturingの略で、コンピューターを用いた設計・製作システムのことです。
CAD/CAMを使用することでこれまでより素早い技工物製作が可能になり、かつコスト削減もできます。当グループでは各社のCAD/CAMを扱っており、加えて多数の技工所との提携により、あらゆる技工物のスピーディーな製作が可能な体制を整えております。お気軽にご相談ください。

  • CAD/CAM01
  • CAD/CAM02

インプラント

歯の無いところに人工的な歯の根っこ(人工歯根)を埋め込み、その上に独立した1本の人口の歯を製作して噛み合わせを回復する治療法。
人工歯根には強度、耐腐食性、加工性いずれも非常に優れた金属・チタンを用います。
チタンは人体に拒否反応を起こすことなく骨とチタンが半永久的に結合するということが証明されており、この現象を「オッセオインテグレーション」と名付けられています。
インプラント治療を行うと、再生不可能な永久歯に近い状態になります。そのため「第三の歯」と表現する人もいます。

インプラント

PAGETOP

インプラントカスタムアバットメント

既製アバットメント(イージー、プロファイル)は、インプラントプラットホームからの立ち上がり部分(エマージェンスプロファイル)がカスタムできず、上部構造形態の自由度が効かず妥協した形態になりがちです。
しかし、カスタムアバットメントはフルオーダーのアバットメントですので、理想形態または先生の好みに合わせた形態をお作りすることが可能です。
既製アバットメントより多少費用がかかりますが、より確実な結果を求めるのでしたらおすすめです。

インプラントカスタムアバットメント
インプラント上部構造作成までにフィクスチャーレベル、アバットメントレベル印象又単冠.Briによって様々な方法があります。ハイレベルな歯科技工物を目指し、ディスカッションをしたいと思います。

ジルコニアセラミック

ジルコニア ソリューションをご存知ですか?

ジルコニアの特長

ハイブリッドが、摩耗しやすい、耐久性が劣り壊れやすい、、変色する、吸水性があり臭くなる適合が劣る、色のバリエーションが少ない等のデメリットがあるのに対し、ジルコニアのメリットは絶大です!

  • ブラックマージンが消せる
  • メタルボンドに比べてクリアランスが少ない症例にも使える
  • メタルコアが透けにくい
  • 体親和性が優れている
  • メタルが無い分生態の自由度が広い
  • プラークが付かない

ジルコニアソリューションで3Cグループが実現したい想いとは?

3Cグループでは、グループ会社のCAD/CAM活用、全国の歯科医院様からのジルコニア製品の大量受注により、生産コストを大幅に削減を可能にし、歯科医院様に、その生産コストを還元したいと考えております。
また、これにより歯科医院様には、ジルコニアをより身近に感じていただき、メタルフリーの優位性やジルコニア普及の礎(いしずえ)を先生方と一緒に築きたいと考えております。

お口の中の銀歯が与える患者様へのデメリット

治療費が低価格であることから、保険適応診療の銀歯(12%金銀パラジュウム合金)を選択される患者様が多いかと思いますが実はこの銀歯には多くのデメリットが潜んでいます。
『12%金銀パラジュウム合金は身体に与える悪影響が多い為、世界中で日本しか使用されていない金属なのです。』

金属アレルギー ガルバニー電流
経年使用によりお口の中の金属からイオンが溶けだし、身体全体にアレルギー症状を及ぼします。かゆみや発疹、倦怠感といった様々な症状があります。例えば、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、扁平苔せんや脱毛症などの全身症状や口内炎などです。 ガルバニー電流(ガルバニック電流)とは、お口の中の異なる金属が唾液を通して起こる、微弱電流です。これが原因で、頭痛や肩こり、不眠やイライラの原因になることがあります。
  • ジルコニア01
  • ジルコニア02
  • ジルコニア03
  • ジルコニア04
  • ジルコニア05
  • ジルコニア06

PAGETOP

e.max戦略 新規患者増加&利益UP!

ニケイ酸リチウムガラスセラミックをプレス成形したオールセラミックスです。
400Mpaの高い硬度(一般的なセラミックスは80~120Mpa)と透明性があるので高い審美性を再現できます。
きれい、こわれにくいを兼ね備えた次世代オールセラミックスです。
e.maxロゴ

e.max戦略 新規患者増加&利益UP!

e.max戦略会議

ハイブリットからe.maxへ、市場は確実に変化しております。
弊社とe.max戦略を一緒に考えてみませんか?

e.max導入のメリットとは?

  • 粗利が高い!
    粗利が高い!
    インレー等、費用対効果が良く、粗利が高いのが特徴です。
  • 医院の信用がUP
    医院の信用がUP
    綺麗、耐久性、耐水性に優れている為、差別化、UPグレードの説明がしやすい。
  • 安心、安定。
    安心、安定。
    エキスパートの職人制作により、ハイレベルな技工物の提供が可能。
  • 患者へ還元!
    患者へ還元!
    全国の歯科医院様から受注しているため低価格で提供が可能である。

上記により、新規の患者集客マーケティングが実現可能になり、増患により、患者に対して次の提案の成約率があがります!

市場の変化に注目!

材料高騰でGOLDインレーは減少。ハイブリットに代わり、e.maxがシェア拡大!

e.maxのシェア

e.maxの特長

ハイブリットが、耐久性が劣り壊れやすい、摩耗しやすい、吸水性があり臭くなる、変色する、適合が劣る、
色のバリエーションが少ない等のデメリットがあるのに対し、e.maxのメリットは絶大です!

  • 耐久性に優れている
  • 天然歯に近い硬度
  • 耐水性に優れている
  • 色のバリエーションが豊富
  • 摩耗しずらい
  • セットしやすく適合が良い

e.maxの特長

PAGETOP

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

中身は金属で、外側にセラミックを焼き付けた被せ物です。
色が歯に似ているので見た目はいいですが、時間がたって歯茎が下がってきたときに、歯と歯茎の境目が黒く見えてくることがあります。

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

PAGETOP

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウン(差し歯)です。
色が歯に似ているので見た目が良いですが、時間が経つと変色するというデメリットもあります。

ハイブリッドセラミッククラウン

PAGETOP

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーが、
リベースできる事を話す事で患者様から新たな信頼を得る!

実は、弊社の営業が、多く歯科医師の皆さまとお話をする中で、ノンクラスプデンチャーで
リベースができないか、といった相談を多数頂いておりました。
レイニング樹脂が、リベースできる製品です。
 この度、弊社では、2種類のノンクラスプデンチャーを提供できる運びとなりました。

レイニング樹脂

レイニング樹脂

レイニング樹脂は、日本国内で製造されている義歯床用熱可塑性レジンで、医療系分野で開発された高性能ポリカーボネート素材がベースになっています。耐久性と耐薬品性に優れ、柔軟性と復元力を併せ持っているので、長期間の使用でも変形が少ないという特徴があります。適度な弾性を持つ少し固めの材質で、しっかりかむことができるので義歯床に適しています。

また、専用の補修材や再射出によるリベースが可能な点も大きなポイントです。メタルフリーで審美性が高く、元の自分の歯に近い状態を再現できます。

ベルテックス サーモセンス

ベルテックス サーモセンス

オランダの歯科材料メーカー「ベルテックス社」のサーモセンスデンチャーは、熱可塑性ポリアミド樹脂が原料で、熱による変形が可能な柔らかい材質が特徴です。人体との親和性が高く、強靭性や耐久性に優れた性質を持つので、義歯床をはじめ医療現場で幅広く使用されている素材です。

また、部分床義歯で使用する場合、金属バネを使わないためアレルギーの心配がなく、自然な口元が実現できます。インプラント治療を敬遠する患者様にとっては適した義歯でしょう。ただし、リベースができないため口腔内に変化があった場合は、再製作になります。

このようにノンクラスプデンチャーがリベースできる事を知っている事で、 患者様と新たな信頼関係が築ける訳なのです。

弊社ではこのような患者様への伝え方のポイントも先生方にお伝えしております。
ご相談お待ちしております。

ご質問・お問い合せはこちら

ご質問、お問い合わせは
こちらで承っております。
お気軽にご連絡ください。

  • 0120-35-9990 平日 9:00〜18:00(日・祝休み)
  • メールでのお問い合わせ

金属床義歯

義歯床が金属で出来ている入れ歯です。
薄く作ることができるので、しゃべりやすく、違和感が少ない入れ歯を作ることができます。
また、金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近くなります。
金属床義歯には「コバルトクロム合金」という金属が最もよく使用されているが、この金属は金属アレルギーの原因となりやすいですが、金属の部分にチタンを使用すれば、この問題は解決できます。

金属床義歯

ノンクラスプデンチャー

ご質問・お問い合せはこちら

ご質問、お問い合わせは
こちらで承っております。
お気軽にご連絡ください。

  • 0120-35-9990 平日 9:00〜18:00(日・祝休み)
  • メールでのお問い合わせ

Copyright (c) 2012 3Cgroup Co., Ltd. All Rights Reserved.